競馬新聞について

競馬には、レースを予想して出される専門の新聞があり、競馬新聞とよばれています。

競馬場はもちろん、最近ではコンビニでも販売されていることが増え、競馬に興味がない方でもどのようなものかおおむね察しがつくのではないでしょうか。

 

競馬新聞は1942年に、関西競馬の予想を中心とした「中島高級競馬號」が先駆けて発売されたといことですから、古い歴史が感じられます。

ちなみに現在でも、同誌は高知競馬場で購入することができるそうです。

 

現在、競馬新聞は全国どこでも購入でき、「競馬エイト」や「競馬ブック」などがそれに当たります。

また地域限定(関東または関西)で購入できる競馬新聞もあり、それには「日刊競馬」、「競馬ニュース」、「競馬研究」、「ダービーニュース」、「競馬日本」などが含まれます。

これらは中央競馬の競馬新聞ですが、地方競馬専用の新聞もあります。

「競馬カナザワ」は金沢競馬のものですし、「ばんえい金太郎」ばんえい競馬、「競馬キンキ」は兵庫競馬の専用新聞です。

 

では多くの競馬新聞がある中、競馬ファンはどのように選び購入しているのでしょうか。

競馬ファンによる競馬新聞を選ぶ基準としては、的中率や見やすさなどあるようですが、ほとんどの人は決まった競馬新聞を愛読しているようです。

ひとつの競馬新聞を見続けることでその競馬新聞の傾向も分かるようで、その傾向を理解して予想通りに買う、もしくは予想と違う馬券を買うということで活用されていることも多いようです。

最近ではスポーツ新聞にも競馬予想がありますが、これは競馬新聞とは別物です。

しかし、広く浅い情報が知りたい人には、スポーツ新聞の競馬予想欄というのも参考になるようです。

逆に詳しく多くの情報が知りたい方には、やはり競馬新聞がお勧めです。