競馬のマンガ

《競馬マンガ》といわれるジャンルがあります。

多くの作品がありますが驚くことに、そのほとんどは基本的にフィクションですが、実際の血統や競争体系をモデルとして描かれているそうです。

また内容はどれも競馬の知識がなくても楽しめるほどのもので、個性的なキャラクター設定を基に感動的な物語が展開することも少なくありません。

 

こうした競馬マンガにより、競馬に興味がない人でもマンガを通じて競馬が好きになった人もいるほどです。

最近でこそ見掛けない競馬マンガの専門雑誌ですが、一時代、専門雑誌は相次いで出版されるほど人気が高まりました。

 

中には長期連載に及んだものもあり、「ポコあポコ」や「とねっ娘」などが古いものでは有名です。

また短期連載といわれる25回で終了しましたが、「ふたりのダービー」もとても人気があった作品で、これらの作品名は、きっと誰もが耳にしたことがあるに違いありません。

のちに登場した作品で有名なものには「馬なり1ハロン劇場」があり、こちらは笑いあり涙ありの展開で多くのファンがつきました。

さらに子供世代にも人気が高かったものとしては人間と動物が対話できるという設定の「みどりのマキバオー」、細かな馬の血統設定が話題を集めた「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」などが登場し、連載するほどの人気となりました。

今では少なくなった競馬マンガですが、一時は多くの作品が出ていました。