競走馬の馬主について

競馬に詳しくない人でも、「馬主」という言葉は知っているでしょう。

そして誰もが、馬主は選ばれた人がなれるものと感じるのではないでしょうか。

実際のところも、確かにそのようです。

審査があり、年間取得と総資産額、活動実績や牧場規模などにおいてあらゆる規定があり、一般人ではとうてい届かないような資格とされています。

 

馬主の中にも種類があり、中央競馬では個人馬主、法人馬主、軽種馬生産個人馬主、軽種馬生産法人馬主などが存在します。

最近では新たに、組合の組合馬主、本邦外居住者個人馬主などというものも登場していますが、いずれにしても簡単に規定をクリアできるものではないようです。

ただし比較してみると、地方競馬の方が中央競馬よりいくらかはハードルが低いようです。

個人馬主を例にあげると、年間所得も500万円以上といいますから、馬主になるなんてとても縁遠い、とまではいい難いような気さえしてきます。

とは言え、規定をクリアすることは最低限の条件にすぎず、さらに規則と規約も細かく決められていますので、いずれにしよ全てをクリアして地主になるのはとても難しいことだといえるでしょう。

 

馬主になる最終段階は、競馬主催者による馬主登録です。

賞金は数万〜数千万円と幅があり、レースで8着以内というのが条件で収入となります。

賞金の8割は馬主が、残り2割は騎手と調教師、厩務員での振り分けです。