レースの種類について

競馬のレースにはあらゆる条件などで種類があり、レース選びも1つの楽しみです。

少しご紹介しましょう。

 

レースは基本的に、馬の年齢や取得賞金額でクラスに分けられています。

テレビ中継されているお馴染みのレースは「重賞レース」といわれており、上のクラスです。

重賞レースで出場できるのは、新馬・未勝利馬出場レースで勝ち抜き好成績を修めた馬となります。

とりわけ重賞レースでも最もレベルが高いものを「G1」と呼び、テレビ中継の最後に行われています。

 

コースも2つあり、条件に左右されるので予想が変わり楽しみの1つとなります。

コースの種類は「ダート」と「芝」です。

ダートは、馬が走りやすいとされる天候のよい芝に比べ馬はエネルギーを消耗します。

その分、走るのに時間を要しますが、馬の脚への負担はダートの方が少ないそうです。

芝は、天候によって馬の走りに大きく影響するのが特徴で、良くない場合はタイムにも影響が出るほどだといいます。

 

さらに距離は、最短で1000m、最長で3600mの中で5つに分けられています。

レースにより距離が決められており、主なところでは、短距離は高松宮記念、マイルは安田記念とNHKマイルカップ、中距離は皐月賞と天皇賞(秋)、中長距離は日本ダービーと有馬記念、長距離は菊花賞と天皇賞(春)となっています。

天皇賞のみ、春と秋があり距離が違うので注意してください。

 

また、性別や年齢で出走馬が限定される「限定戦」、実績が考慮された「ハンデ戦」など、ほかに数種類あります。